赤ちゃんの靴

子宮の問題と代理出産という選択肢

おなか

卵巣が正常に機能していても、子宮に問題がある場合は不妊治療を行っても妊娠することができない可能性が高くなります。この場合、子どもを諦めるしかないと考える人は少なくありませんが、卵子の採取が可能な人であれば代理出産という方法を選ぶことができます。代理出産は、卵巣から採取した卵子と配偶者の精子を受精させ、その受精卵を代理母の子宮に移植する方法です。妊娠から出産までは代理母に依頼をする形となるので、子宮を摘出した人や子宮に問題がある人でも、夫婦両方の遺伝子を引き継ぐ子どもを持つことができます。そのため、子宮に問題がある妊娠できない状態が続いているのであれば、そのまま子どもを諦めるのではなく、代理出産のエージェンシーへ相談をしてみることがおすすめです。
代理出産であれば、何歳になっても子どもを持つことができるのではないかと考える人もいますが、成功率は卵子の状態によって大きく変わります。卵子を採取する時点の年齢が若いほど成功率は高く、高齢出産と言われる年齢になれば成功率は落ちることになります。そのため、子宮の問題で妊娠ができないことが分かっているのであれば、早めに代理出産のエージェンシーで相談をしておく方が良いでしょう。

Update Contents

腹部エコー写真

代理出産を行ってわが子を抱いてみたい

子供が欲しいけれども自然には授からなかったという人も多いでしょう。不妊で悩んでいる人は多く、不妊治療をしているカップルも多いのです。最近では子宮の病気にかかってしまう女性も多く、自分では子供を産…

妊婦検診

代理出産への道まずはエージェンシーに相談を

不妊治療の一つである代理出産が近年注目を集めています。日本で行うことは基本的にできませんが、可能性を求めて多くの方々がチャレンジしています。今回は代理出産の大まかな流れについてまとめていきます。…

妊婦

代理出産に関しては専門のエージェンシーに相談するのがベスト!

ある程度の年齢になってから結婚したカップルや、病気などが理由で不妊治療をする夫婦が増えています。不妊治療は精神的にも経済的にも負担がかかることが多く、子供を持つことを途中で諦めてしまう場合もあり…

おなか

子宮の問題と代理出産という選択肢

卵巣が正常に機能していても、子宮に問題がある場合は不妊治療を行っても妊娠することができない可能性が高くなります。この場合、子どもを諦めるしかないと考える人は少なくありませんが、卵子の採取が可能な…